ハイジニーナ 脱毛サロン

【ハイジニーナ】安くて評判の脱毛サロンはココ!

ハイジニーナ脱毛とは? 

女性

腕や足、脇の脱毛は日本女性にとっても今や当たり前。それどころか近頃では、ハイジニーナ脱毛に積極的に取り組む若い女性が年々増えているのだといいます。

 

ハイジニーナ脱毛で扱うのは、性器回りのムダ毛たちです。
水着や下着のショーツからはみ出してしまうVライン、Oライン、Iラインの脱毛、といえばわかりやすいでしょうか。

 

これらの部位のムダ毛を、すいたり適当な形に整えている人もいるかもしれませんが、ハイジニーナ脱毛ではすっかりきれいに毛を処理しきってしまうという違いがあります。

 

ハイジニーナ脱毛をほどこすとどんな下着、水着でも毛がはみ出す心配がなくなるだけでなく、生理時にショーツが蒸れない、だからにおわないなど、衛生的にもメリットがたくさんあります。

 

最初は欧米のセレブリティを中心に人気になり、だんだんと世界的に広まり、今や日本女性の間でも人気が高まっているのだそうです。

 

各脱毛専門サロンでもたいていはハイジニーナ脱毛を取り扱っており、気軽に施術を受けることができます。
ただしほかの部位の脱毛に比べて若干痛みを伴うことが言われているので、皮膚が敏感な人や痛みに弱い人は事前の相談が絶対です。


ハイジニーナ脱毛のメリットは?

女性

もともと、ファッション的に刺激的なスタイルをすることが多い欧米のセレブたちの間で盛んにおこなわれていた、ハイジニーナ脱毛。
それが今では日本でも、若い女性を中心に大きな支持をうけているといいます。

 

ハイジニーナ脱毛のメリットは実に多彩なので、今後ますますその需要が大きくなっていくことが予想されます。

 

一番にいえるのが、ハイジニーナ脱毛をすると堂々と水着姿になれるということです。

 

水着のショーツはどうしても面積が狭くなるので、隙間から陰毛がはみだしてしまいがち。
着替える時に入念にチェックしていても、動いているうちに恥ずかしいことになっていた、なんていうことは珍しくありません。

 

ハイジニーナ脱毛をしておけば、そういったはみ出しのわずらわしさから解放されるので、何も気にせずおしゃれな水着や下着を楽しむことができるのです。

 

また、ハイジニーナ=衛生的という言葉の意味からも分かるように、この部位を脱毛すると、陰毛による蒸れや匂いの発生を防ぐことができ、大変衛生的というメリットもあります。

 

徳に女性は、生理時などデリケートゾーンに雑菌がたまりやすいので、ハイジニーナ脱毛で通気性をよくしておくことが大事になります。


ハイジニーナ脱毛の形について

ハート

ハイジニーナ脱毛とは、Vライン、Iライン、Oゾーンといった性器回りのデリケートゾーンのムダ毛を処理してしまう脱毛のことです。

 

ハイジニーナという言葉は、和訳すると衛生的、という意味になり、デリケートゾーンのムダ毛を処理することによって不快な蒸れや匂いを退け清潔に性器を保てる、という効果からきているようです。

 

ですからハイジニーナ脱毛の基本は、ムダ毛の一切残らない、つるつるのスタイル。

 

毛の絡まりや蒸れのない清潔さを目指すのです。しかし一般女性の間ではまだまだ、ムダ毛が一本もないという状態に抵抗がある人も多いようで、限りなくハイジニーナにしたいけれど少しは毛も残して不自然さを和らげたいという声も。

 

そんな人たちは、ハイジニーナ脱毛といっても小さな逆三角形や長方形に陰毛を残してもらえるよう、施術者にお願いするようです。

 

特に逆三角形は悪目立ちしないので、人気が高いといいます。また中には、ハート型など、デザイン性の高い陰毛処理を希望する女性もいるようです。

 

素人向けとは言えませんが、こちらも遊び心があってマニアックな人気を博しています。


ハイジニーナ脱毛の回数は?

看護師

デリケートゾーンのムダ毛処理は、日本ではまだまだ広く行われていないようなのですが、欧米ではとても一般的だとされています。

 

デリケートゾーンのムダ毛を処理すると、ショーツからのはみ出しなどの心配が不要になるだけでなく、衛生的にも蒸れない、匂わないなどよい点がたくさんあるのです。

 

最近、脱毛サロンで見かけるハイジニーナ脱毛という言葉は、実はこのデリケートゾーンのムダ毛処理を意味しています。

 

日本でもようやく認知されるようになってきたデリケートゾーンの脱毛=ハイジニーナ脱毛は、二十代から三十代の女性を中心に少しずつ人気が出てきているようです。

 

ハイジニーナ脱毛はVラインもIラインもOゾーンもすべて対応の施術ですから、すべてが終了するまでには時間がかかります。

 

大抵の脱毛サロンで用意されているコースは四回で、中には一回お試しコースもあるようですが、いずれにせよ、一回から四回程度ではあまり効果を実感できないようです。

 

もちろん、ムダ毛の量が少なくなったり薄くなったりといった事実はありますが、それだけでは単にデリケートゾーンのムダ毛を整えたのと変わらず、ハイジニーナ脱毛をした、とは言えないようです。

 

ただし、五回、六回を超えると見違えるようにつるつるになる人が多いんだとか。

 

そこから先は個人の毛質にもよりますが、五回、六回の施術を終えた人は傍目にもデリケートゾーンのムダ毛がほぼないという状況になれるようです。 


ハイジニーナ脱毛が安いサロンは?

女性

今や欧米セレブだけでなく、日本の一般女性の間でも、ハイジニーナ脱毛が当たり前となりつつあります。とはいっても、脇などほかの部位の脱毛に比べると、ハイジニーナ脱毛はやっぱり少々ハードルが高いのが事実です。

 

施術にまつわる恥ずかしさも、期間の長さも、痛みも、ずば抜けているからです。

 

そして何より問題なのはお値段でしょう。
ハイジニーナ脱毛はデリケートな部位故、細やかな技術力が必要とされるので、必然的にお値段も高くなってしまいがちなんです。

 

大手の脱毛サロンの中では、二回で6000円前後のエピレ、六回で43000円前後のピュウベッロあたりが格安といえるのではないでしょうか。

 

特にエピレは、脇の通い放題もおまけでついてくるので、大変お得感が強いです。ハイジニーナ脱毛をしてみたいけれど怖いから不安、お試し気分でやってみたいという人にはぴったりでしょう。

 

ピュウベッロは六回コースでがっつりばっちりハイジニーナ脱毛ができるので、絶対につるつるにしたいという人におすすめです。
四回37200円前後のミュゼプラチナムは、予約が取れにくいという声もありますが、店舗数が多いので申込みや体験がしやすい、通いやすいというメリットがあります。



ホーム RSS購読 サイトマップ